危険!糖質制限ダイエットの大きな落とし穴!糖は身体に必要不可欠なのです。

スポンサーリンク

糖質制限=炭水化物抜き!この危険な勘違いについて

糖質制限ダイエットとは、パンやご飯などの炭水化物や甘いものを抜き、その代わりそれ以外のカロリーは気にしなくていいんだよ!というのが糖質制限ダイエットの共通した謳い文句です。しかしこのダイエット法にはたくさんの落とし穴があるのです。

炭水化物とは「糖質+食物繊維」のことです。
なので炭水化物を抜くこと=糖質オフというような思い込みをさせやすいのです。
しかし私たちは糖質なしでは健康を害することがあります。

炭水化物を抜くと痩せるどころか…

食物繊維の働きはたくさんあるとお話しましたが、その食物繊維でもある炭水化物を抜くと血管がボロボロになるんです。血液の血球成分は、骨髄において作られています。そして血球成分の中には全身の血管の修復をしてくれるEPCという物質が含まれています。

つまり骨髄機能が低下すると、このEPCが作られなくなります。このEPCが作られなくなると、動脈硬化や血管機能の破壊が進みます。

炭水化物を抜いた食生活を続けていると、この骨髄機能が低下するというデータもあるんです。

では、正しい糖質オフダイエットとは?

糖質オフは炭水化物を抜くことではなく「甘いもの」を抜くのが正解です。甘いものを抜くと驚くほど痩せていきます。私もこれで体重がピークの時から10キロは落ちました。しかも風邪もひかない健康体になり、肌もファンデいらずの美肌になることができました。

摂ってはいけない「糖」と摂らなければいけない「糖」を知れ

結論から言うと、精製された糖は避けるべき糖です。
精製された糖とは、白砂糖のこと。
白砂糖はサトウキビに含まれる糖の食物繊維を取り除き精製した部分になります。

なぜ砂糖は避けるべきなのか?

食物繊維がない糖は食べた瞬間素早く体内に吸収されます。素早く吸収されるということは、血糖値が急激に上昇するということですね。血糖値が上昇するというのはよく聞くことだと思うのですが、なんで急激に上昇することが悪いのかわかりますか?

砂糖を摂ると血管が大渋滞になる

私たちの血管は当たり前ですが超極細な設計になっています。今一度、腕などの浮き出た血管を見てみてください。そんな超極細な血管内を糖という成分が一気に押し寄せてきたら、血管が傷つきますよね。一つの狭いトンネルに一度に100台の車が詰まってるようなイメージです。当然トンネル内は傷ついて、さらに後ろの車も通れなくなり渋滞状態です。

糖が一気に吸収されるというのはこれと同じことが起こってるわけで、血液がちゃんと循環しなくなるのは当然です。

砂糖を摂ると「糖依存症」になる

さらに血糖値が急激に上昇するということは、それに伴って血糖値が急降下するということです。
そうすると体が慢性的に糖を欲しがるようになり、糖依存症になるわけです。
そうなると大変。気づかない内に精製された糖ばかりの食生活になり、血糖値が急上昇、急降下を繰り返すようになってしまいます。やがて、砂糖を摂り続けているあなたは糖尿病になります。

精製した砂糖は脂肪細胞に送られる

例えば
ハンバーガー
牛丼、カツ丼
ラーメン
スイーツ
など
甘いもの以外にも、これらにはかなりの砂糖が使われています。
これら砂糖を口にすると、血中にすぐ移動するのですが通常ブドウ糖は行くべき場所に送られてエネルギーになるところを砂糖は行くべき場所を失います。行き場を失った砂糖は脂肪細胞をいうところに蓄積されます。
これがあの、憎っくき脂肪となりデブの引き金となります。

白砂糖がもたらす肌荒れと病気

なぜ白砂糖がこんなにも体に悪いのか。この精製された糖は、ショ糖という成分単体になります。
ショ糖は体で消化するのが極めて困難で消化できないくせに、消化酵素が頑張って頑張って消化しようとします。消化酵素が働くと、私たちは代謝酵素を失うので、さらに体に負担がかかりますよね。そして消化されなかった糖は、ずっと身体の中にいます。
ショ糖を腸の中でほっとくと、悪玉菌のエサとなるため白血球が登場して悪玉菌を退治しようとします。
退治してくれるのはいいのですが、白血球が悪玉菌退治をすると同時に、活性酸素も発生するのです。

活性酸素とは猛毒なガス

活性酸素は私たちの老化はもちろん、肌荒れ、病気(ガンなども)、肥満、精神的ストレスなど、私たちの日頃の悩みをさらに悪化するくせ者です。

活性酸素はこれだけでなく、いろんなシチュエーションで発生します。生きている上で活性酸素を発生しないことは不可能ですが、それを最小限に抑えることはできます。

活性酸素を発生なせないためにできることの一つとしてショ糖制限が挙げられます。

砂糖はエネルギーにもならない

糖質は私たちの身体には必要不可欠ですが、甘ったるい精製された糖はむしろ避けるべきなのです。

食べ物の中の糖質をブドウ糖に分解し、エネルギーとして利用することで私たちの生命は維持されています。
よく言われているのが、ブドウ糖がないと頭が働かないとかですね。しかも精製された糖にはビタミン、ミネラルなども取り除かれており、血液に乗って糖が細胞に運ばれたとしても、それは細胞内でいいエネルギーに変えることはできません。

精製された糖が多い食べ物や料理

デザート全般
お菓子、スイーツ系、ジュース、カフェにあるドリンク

甘いタレの料理
チキン南蛮、中華、煮物、焼肉のタレ、焼き鳥のタレ

コンビニ食
菓子パン、ドレッシング、弁当、サンドイッチ、清涼飲水

これらは栄養は何もないものだと思っていて大丈夫です。砂糖は意外に色んなものに使われているんですよね。
コンビニのドレッシングなんて砂糖の塊なんですから(笑)

まとめ:砂糖を抜くだけでー10キロ

糖質制限ダイエットとは、炭水化物を抜くことではなく「砂糖」を抜くことです。
私はこれで10キロのダイエットに成功したので、砂糖の恐ろしさを知りました。炭水化物を抜くと血管がボロボロになるので絶対にしないでくださいね!

スポンサーリンク