豆腐ダイエットを成功させる!サルでもできる簡単オリジナルレシピ

スポンサーリンク

なぜ豆腐で痩せれる?

木綿豆腐(1丁あたり)は約卵3.5個分のタンパク質があります。
豆腐は消化吸収が抜群に早いため、腸にやさしい食材です。

豆腐はカロリーが低いだけじゃない!

豆腐は意外にも動物性タンパク質の構造に似ているのです。
肉類などの動物性タンパク質にはコレステロールの原因になりやすいですが、豆腐のタンパク質にはコレステロールを下げる働きがあります。

肉を食べる前に豆腐を食べると効果大!

コレステロールを下げる働きがあるということはコレステロールの高いものを食べる前に食べておけば吸収を抑えることができるということです!
豆腐ってすごい。

ここで豆腐をより効果的に、しかもおいしく食べれる簡単レシピを紹介します。

豆腐ダイエットを加速させる極ウマレシピ

豆腐と生茄子のだしかけ

だしとは野菜の浅漬け、山形の郷土料理です。
野菜はなるべく生で食べると食物繊維が多く摂れて、腸を綺麗にして善玉菌を育てます。
茄子はあまり生で食べる習慣がないと思いますが、このレシピは茄子を生で食べれるのでおすすめですよ!

これを用意しろ!

絹ごし豆腐ーー1/2丁
納豆昆布・湯冷まし 適量
なす・きゅうり
みょうが
生姜・大根・長ネギ
青じそ
炒りごま
初鰹(おかか)

調理法

なすを5mm各に切って水でアク抜きをする。
各野菜は5分くらい塩水につける。
豆腐の上にすべてをぶっかける。

味噌漬け豆腐

味噌は大豆の発酵食品なので、グルタミン酸が多く含まれます。
グルタミン酸は脂肪の吸収を抑える働きがあるので、味噌と豆腐でダイエットのW効果が期待できます。
味はチーズのようなコクがあるのも嬉しいです。

これを用意しろ!

木綿豆腐1丁
こうじ味噌1KG
みりん50ml

あとガーゼ!

調理法

豆腐をペーパータオリで包み、6時間かけて水気を切る。
容器に味噌とみりんをあわせていれる。
水を切った豆腐にそれらを塗ってガーゼで包み1晩ねかせて完成。

豆腐パフェ

豆腐でパフェを作るなんて、大丈夫?と思われたかもしれません。
豆乳入りの寄せ豆腐ならクリーミーで、さらにバナナやはちみつを入れれば甘くなってデザート感覚で楽しめるのでパフェにするには最適です。

これを用意しろ!

豆乳入り寄せ豆腐1/2パック
コーンフレーク
バナナ
レモン汁
はちみつ

調理法

好きなように盛り付けて完成。

さつまいもティラミス

サツマイモなどのイモ類は冷やすことでレジスタントスターチが豊富になり、善玉菌を増やして、腸をきれいにします。
便秘解消にも効果的でかなり痩せやすい体質になります。
そして豆腐で作るからヘルシーなんです。

これを用意しろ!

木綿豆腐
さつまいも
はちみつ

調理法

さつまいもを蒸して粗熱をとる。
豆腐の水気を切る
ミキサーに全てをいれペースト状にする。(ちょっと塩入れる)
芋をつぶして団子にする。
冷やす。
ココアパウダーをかけて完成。

かちかち豆腐のパンツァネッラ風

オリーブはビタミンEが豊富で、ビタミンEは抗酸化作用(老化防止作用)があるので、肌荒れなどにも効果的です。
かちかちとは木綿豆腐の結構固いバージョンです。
イタリアン風の豆腐レシピは新感覚でおいしいですよ!
さらにたくさんの種類の生野菜が摂取できるのでサラダ感覚に食べれてダイエット効果アップ!

これを用意しろ!

かちかち1/2
きゅうり1/2本
セロリ1本
トマと1/2
赤タマネギ1/6
バジル2枝
黒オリーブ適量
赤ワインビネガー大さじ1
オリーブオイル大さじ1半
塩コショウ

調理法

すべての野菜を切って塩をふる。
かちかちを手でつぶして、水気をとる。
黒オリーブと調味料をまぜ合わせる。
すべてを合わせて完成。

まとめ

豆腐料理はまだまだ無限にありますが、今回は私がやっておいしかったものをチョイスしました。
簡単なので今晩の一品にいかがでしょうか。

スポンサーリンク