脂肪燃焼する意外な食べ物とは?痩せやすい体質になる方法

スポンサーリンク

脂肪燃焼効果のある食べ物ってどんなものを想像するでしょうか?

実は様々な食品の中でも、トマトが最強ということがわかりました!
トマトが脂肪燃焼効果ってなんだか意外じゃないですか?

なぜトマトで脂肪燃焼できるのか?

トマトに含まれるリコピンはファイトケミカル(抗酸化作用)という成分になります。このファイトケミカルは、脂肪を代謝する酵素を活性化する働きがあるのです。

つまりファイトケミカルが入っている食べ物なら脂肪燃焼できる
ファイトケミカルは案外いろいろな食べものに含まれています。

にんにく

にんにくはスタミナ系の野菜になります。少々匂いが気になりますが、この匂いと辛味成分こそがアリシンというファイトケミカルになります。
しかしにんにくには注意が必要です。にんにくには食欲増進効果があるので、つい食べ過ぎてしまう可能性があります。
食べ過ぎは腸に負担がかかり、代謝が落ちてしまうので気をつけてください。

香辛料

唐辛子、コショウ、ショウガにもファイトケミカルが含まれています。これらは神経を刺戟する働きもあるので、エネルギー代謝機能を向上させ、脂肪を燃焼させます。
とくに、メタボと呼ばれる内臓脂肪は、この神経系と密接なため、辛味成分によって内臓脂肪を燃焼します。

烏龍茶・お茶

烏龍茶や緑茶にはポリフェノールやカテキンというファイトケミカルが含まれています。脂肪を燃焼する酵素の働きを活性化する働きがあるため、体内を痩せやすい体にすることができます。

ファイトケミカルは他にもたくさんある

こちらの記事に抗酸化作用の食べもの(ファイトケミカル)を詳しく載せたので参考にしてみてください。
>>ファイトケミカルを含む食べもの
>>ファイトケミカルレシピ

スポンサーリンク