【幸せホルモン】セロトニンを増やす食べ物とは?

スポンサーリンク

セロトニンは私たちの脳内を司る重要なホルモンです。
これが不足するとストレスが溜まったり、不眠症になったりと心にも体にも色々な弊害が出てきてしまいます。

セロトニンは食べ物によっても増やすことが可能です。
今回はこのセロトニンを増やす食べ物や食事を紹介していきますね。

セロトニンを分泌させる食べ物とは?

breakfast
セロトニンはトリプトファンという成分を摂ることで分泌されます。トリプトファンを摂取すると、脳内に送られセロトニンに変わるのです。

<トリプトファンを含む食べ物>
・乳製品(ヨーグルト、牛乳、チーズなど)
・大豆製品(納豆、枝豆、味噌、豆腐、醤油、豆乳など)
・鶏肉
・ゴマ
・バナナ

トリプトファンは朝に摂るのがおすすめです。なぜならトリプトファンは午前中にセロトニンへと変わり集中力を高めてくれて、夜になるとメラトニンという成分に変わり、眠りへと誘導してくれるからです。
しかもトリプトファンを含む食材は朝ごはんにぴったりの食材が多いので嬉しいですね。

セロトニンの分泌を補助する食べ物

トリプトファンがセロトニンになるのに必要な栄養素も存在します。これらの摂取が不十分だとトリプトファンが脳内にうまく届かないので以下の栄養素も意識して摂取するようにしましょう。

<マグネシウム>
・わかめ
・ひじき
・アサリ
・納豆
など

<ビタミンB6>
・ニンニク
・豚肉
・マグロ
・レバー
・カツオ
など

<ナイアシン>
・マグロ
・たらこ
・いわし
・豚肉
など

セロトニン分泌には「咀嚼」も重要な作業!

朝は時間がないからと言って急いで食べないでください。食べ物はよく噛むことでセロトニンの神経を活性化させるのです。朝ごはんを噛まないで食べる子供とよく噛んで食べる子供とでは、授業中の集中力が違うことが研究で証明されました。

スポンサーリンク