冷房病の症状とは?身体がダルかったら危険!原因や対策など

maldives-666118_640
スポンサーリンク

冷房病の原因とは?

冷房病は、クーラーの冷たい風によって身体が冷えすぎてしまうことで起こります。
外は暑いのに、室内に入ると凍えるほど寒いという経験があると思いますが、
あのようなクーラーガンガンの部屋にずっといると、体内の温度調節をする血管が収縮してしまい、
身体がずっと冷えた状態になってしまいます。
身体が冷えると、免疫機能が低下し風邪や病気にかかりやすくなります。
夏風邪や夏太り、夏バテなどもこのクーラーのかけすぎが原因とも言えます。

冷房病の症状とは?

このような症状が起こった場合は冷房病かもしれません。

・夏なのに寒気がする
・身体がダルくて何もやる気が出ない、疲労感
・頭が痛い
・眠れない、寝つきが悪い
・腰が痛い
・肩が凝る
・食欲がない
・身体のどこかにじびれや痛みを感じる

このような項目が当てはまる場合は冷房病の可能性が高いです。

これらが進行すると、ひどい吐き気や頭痛に見舞われることがあるので、
怪しい人はすぐに対策を講じてください。

夏は熱中症なども引き起こしやすいので、その塩梅がどうしても難しいですが、
正しい知識をもっていれば、暑い夏でも快適に、健康に過ごすことができます。

とくに小さいお子さんや老人の方が家族にいる場合は、
親がきちんと管理してあげることが大事です。
このような症状が少しでもある場合は、以下のような対策をしてください。

冷房病対策!クーラーのきいた部屋でもできること

職場や飲食店など、あなたの意向とは関係なく冷房ガンガンにされてしまうことがあります。
とくに男性より女性の方が冷えに敏感なため、男性が冷房の温度調節をしてしまうと、
女性には寒すぎるということがよくあります。

冷房ガンガンのオフィスでもあなたができる冷え対策

体内が冷える時は足から冷えるのをご存知でしょうか?
足から冷えが上がってきて、内臓を冷やすようになります。
ですので足を温めるということが、体内を冷やさないための対策になります。

冷房のきいたオフィスにで働いている人は、なるべく冷房の温度調節を行ってもらいましょう。

ここで冷房の部屋でも身体を冷やさないためのグッズを紹介いたします。

1、足首暖かサポーター

こちらは足首に巻くだけで、遠赤外線が足首周りを温めてくれます。
オフィスなどではこれを巻いておくだけでも冷房病の対策になります。

2、肩こりに効く温感ツボウォーマー

肩こりがひどい人におすすめです。
肩こりのほとんどは、冷えが原因となります。
肩周りを温めてあげることで、肩こりを解消することができます。

3、足裏温快セット

内臓の冷えを改善するには、足を温めるのが効果的ですので、こちらの商品もおすすめです。
この足の裏なら、人からは見えないし足裏を温めることでむくみも解消できます。

寒い飲食店で冷え対策をする

寒い飲食店などに行く場合には、羽織物やひざかけなどは必須アイテムです。
どんなに暑い日でも、これらのアイテムは必ず持って出かけましょう。
そのほかにもできる寒さ対策があります。

冷たい飲み物は「氷抜き」で!

カフェや飲食店では、もちろん冷たい飲み物を飲むと思いますが、
せめて氷を抜きましょう!
冷たい飲み物は、身体を冷やしすぎてしまい、免疫機能が正常に機能しなくなる場合があります。

注文する料理は温かいものも

夏は飲食店などで、「夏フェア」みたいなものをやっています。
冷やし中華や、冷やしトマト、冷やしきゅうりなど、冷たい食べ物がたくさん並んでいます。
しかし、冷たい食べ物ばかり食べていると身体を冷やし、お腹が痛くなることもあります。
冷房のきいた室内で食べる場合はとくに、温かい料理も積極的に注文するようにしましょう。

そもそも冷房病にならないための対策をとっておこう!

家では、冷房をかけすぎたり、温度を上げすぎたりせず、
日中の1番気温がピークの時だけにするなどの対策をするのがおすすめです。

足し算と引き算で冷房病を防ぐ

例えば、冷房がきいた部屋にいるならば、冷たい飲み物などは控えて、
生姜ティーなどの身体が温まる飲み物を飲んだりしてください。

冷房が弱くて暑い室内にいる場合は、逆に冷感グッズなどを利用して暑さをしのぐのもいいでしょう。

このように冷房病を防ぐには、体温調節、管理が必要になります。
ですので、冷房をかけない!などの極端な発想ではなく、
暑い夏を健康的に乗り切るには、足し算、引き算の考え方が重要になってきます。

冷えに効くツボを刺激してみる

冷えは足からやってくるとお話ししたように、やはり足をマッサージすることがおすすめです。
夏場でも、足湯をすることも冷房病を防ぐためには有効です。
足つぼマッサージに行くと、身体がポカポカしてきて、冷房にも負けない身体作りができますよ。

冷房病には食生活もかなり重要

夏の食生活は大変乱れがちです。
寒いからといってかき氷やアイスばかり食べたりしていると、
内臓が冷えきってしまいます。
夏場でも温かい鍋などをやってみるのもおすすめです。

まとめ

冷房病は普段気づかないうちになってしまうことが多いです。
意識をしないと、熱中症などにもなってしまう可能性もあります。
夏は特に健康管理に注意を払わなければいけない季節なので、気をつけましょう。

熱中症対策に効果的な飲み物!熱中症は必ず防げます

スポンサーリンク
maldives-666118_640