熱中症対策できる飲み物とできない飲み物|生死を分ける熱中症超管理術

熱中症
スポンサーリンク

熱中症になる原因はこれ

蒸し暑い中で、体温が上がりはじめても無理をして作業を続けたり、
ずっと暑さを感じたままにしておくと、その暑さの感覚がマヒしてしまうことがあります。
暑さによって感覚が鈍ってしまうと、気づかないうちに熱中症になってしまったりするケースがあります。
老人が熱中症で死んでしまう時、この暑さを感じれず何も対策をしていなかったということが多いのです。

夏は、熱中症になる!という前提で日頃から生活しなければいけません。

熱中症は必ず防げることを理解しましょう

熱中症になった人は、暑さを容易に考えて対策ができなかったことが大きな原因です。
正しい知識と対策のポイントを押さえさえすれば、熱中症を発症させずに済むのです。

暑くなり始めの初日に要注意!

暑さに体が慣れていないと、身体の機能として上手に汗をかいて表面を冷やすことができません。
暑くなり始めの初日には気温がさほど高くなくても(体感で暑くなくても)熱中症が発症しやすくなります。

こどもや老人には「管理をしてあげる」ことが重要!

こどもや老人は、自分が暑いということを自覚できない場合が多く、
しかも体感はそんなに暑くなくても、熱中症の危険がせまっていることが多くあります。
こどもや老人がいる家庭は、小まめな水分補給や家の温度などの調節などを怠ってはいけません。
自分で管理できない分、できる大人がやってあげなければなりません。

熱中症予防に最適な飲み物と向かない飲み物

熱中症は、身体の熱を外に出す働きが低下したことで起こります。
身体は体内の熱が上昇すると、汗をかいて冷やそうとします。
こうなると、体内の水分を十分に補給しないと身体の水分量が少なくなります。

また、夏は汗を大量にかくので、水分に加え「塩分」も失われがちです。
心がけることは、体内の水分と塩分を一定量保つことです。

熱中症対策ができる飲み物を飲もう

汗を補うように「水+塩分」を補うことを意識すると、やはりスポーツドリンクがおすすめです。
市販のもので有効なのは、アクエリアスやポカリスウェットなどです。

また、お茶の中では麦茶、蕎麦茶が向いています。

熱中症対策用の飲み物を自分で作ってみる

簡単なのでたくさん作って持ち歩いてもいいし、
家でこどもや老人に飲ませてあげるのもいいと思います。
<作り方>
水1リットルに対して、食塩3グラムを入れます。
ここにレモンやグレープフルーツを入れてもいいでしょう。

これだけです。
夏はたくさん汗をかくので、
1日2リットルくらいは摂取するようにしましょう。

熱中症対策に向かない飲み物

緑茶や紅茶、コーヒーなどのカフェインが多く含まれる飲み物は水分を排出する、
利尿作用があるため熱中症予防にはおすすめできません。
また、ビールなどのアルコールも利尿作用があり、飲んだ量以上の水分を排出させるので、向いていません。

飲み物を飲むタイミングも知っておこう

水分補給は、一気にするものではなく、
「こまめに」というのがポイントです。
喉が渇いていなくても、夏は常に脱水症状を起こしていると認識し、意識的に水分を補給しなければいけません。

特に注意が必要なシーンは、
・スポーツ時
・体を使った労働や作業時
・遊んでいる時
・入浴前後
・就寝前
・車の運転中
です。喉が乾く前に水分補給をしましょう。

運動や外出、外で仕事をする場合

動く前、動いてる途中、動いた後に水分補給をすることが大事です。
特に汗を大量にかく場合は、出る汗よりも多くの水分をとることが大事です。

室内にいるとき

室内では、比較的脱水症状が起こりやすいです。
なぜなら、あまり喉が渇かないので水分をとることが怠りやすくなるからです。
家などの室内にいる際も、
・朝起きた時
・外出する前
・帰宅後
・食事中
・入浴前
・入浴後
・寝る前
など、意識的に水を飲みましょう。

熱中症をさらに予防する方法

熱中症は、体温を上昇させないことがポイントになります。
暑い夏は体温が勝手に上昇するので、それをちゃんと自分で抑制しなければなりません。

休憩をとる

特に運動をしたり、外回りが多い人は、
室内で休む、冷たいおしぼりで身体や顔を拭くなど、体温を下げるように工夫しましょう。

熱をこもらせない

夏でもスーツや厚着などをしなければならない人は注意が必要です。
身体から出てきた汗がこもるような通気性の悪い服は、熱がこもってしまいます。
それでは体内の温度が上昇しっぱなしになります。
通気性のよい服を選んだり、
厚着をする場合は、休憩などをして服を脱いだり、着替えたりすることも効果的です。

冷感グッズをうまく利用する

今はたくさんの冷感グッズが販売されています。
首に巻く冷たいタオルや冷却スプレーなどが売られています。
それらをうまく利用して、身体の熱を下げるようにしましょう。

「熱中症になったかも!」という時の応急処置方法

もし熱中症かもしれない。。。とか
誰かが倒れてしまったという時は、以下のことを行いましょう。
意識がない場合はすぐに「119」で救急搬送を要請しましょう。

①すぐに涼しい場所へ避難させる
外なら、日陰や室内に移動し今よりも涼しいところへ行きましょう。

②衣類をゆるめて靴を脱がせる
衣類や靴は熱がこもるので、なるべく服は脱がせて熱を放出しましょう。

③体表面を冷やす
濡れタオルで体を冷やし、さらにうちわなどで風を起こしましょう。

④スポーツ飲料を飲ませる
水分補給は必ずしてください。水よりもスポーツドリンクがあればなおいいです。

⑤リンパを冷やす
首回り、脇の下、太ももの付け根などを冷たいタオルなどで覆ってください。

まとめ

熱中症は死を招く大変危険な病気です。
それも気づかないうちになることがあるので、まずは予防することが大事です。
正しい知識をもって、水分補給や体温を下げる対策は絶対に怠らないようにしてください。

冷房病の症状とは?身体がダルかったら危険!原因や対策など

2016.06.12
スポンサーリンク
熱中症