夏バテで吐き気や嘔吐がある場合の原因や治し方!

夏バテ 吐き気
スポンサーリンク

夏バテは、たくさんの原因が考えられますが、
やはり暑い夏はどの季節よりもエネルギーが必要になります。

なのでエネルギー不足、栄養不足が主な原因になると思います。

中でも、吐き気や嘔吐は夏バテの中でもかなり重症なので素早く治して、
繰り返さないようにしましょう。

今回はそんな重度の夏バテの解消法についてお話ししたいと思います。

なぜ吐き気や嘔吐の症状が出たのか?

夏に吐き気がする主な原因をあげてみました。
自分がその原因に当てはまったらそれが原因かと思われます。

食中毒(食あたり)の可能性

夏は冬に比べて何倍も食べ物が腐りやすいです。
腐ってるのも知らずにそれらを食べると、当然食中毒になります。
安い飲食店はとくに注意が必要です。
当たりそう」なものは食べない方がいいです。
最近腐ったものを食べたかも?
あたりそうなものを食べたかも?という人は食中毒かもしれません。

解消法

ひどい下痢や、吐き気や嘔吐が治らない場合は医者に行くことをおすすめします。
ですがそこまでではない場合は、2日ほど消化のよいものを食べ安静にしていましょう。

 

自律神経の乱れの可能性

自律神経はストレスによって乱れがちですが、他にも
夏は外は暑いのに、室内は冷えていることが多く、
この急激な温度差も自律神経を乱す原因です。
ですので、部屋のクーラーをガンガンにしていたり、
オフィスがいつも寒かったりする場合は自律神経の乱れが考えられます。
そうなると「第二の脳」と呼ばれる「腸」の働きがおかしくなるため吐き気が起こります。

解消法

自律神経を正常にしてあげるには、急激な温度差をなくすことです。
これは「冷房病対策」を行うことが先決です。
冷えた部屋の中でも身体を温めることで、自律神経の乱れが解消されます。

 

消化器官の働きの低下の可能性

暑いからといって、冷たいものばかり食べていると、
胃酸が分泌されず、胃腸に負担がかかり消化器官が弱まります。
そうなると、吐き気や下痢などの症状が出ます。

解消法

消化器官が弱まっていたら、消化によいものを摂取することが大事です。
さらに、発酵食品や食物繊維で胃腸の回復を図りましょう。
夏バテ解消レシピ」も参考にしてみてください。

夏バテにならないためには、生活習慣を改める

夏は、普段よりも疲れやすくエネルギー消費しやすい季節です。
なのに暑くて食欲がなくなっていては、さらにエネルギー不足になってしまいます。

夏だからといって冷たいものばかり食べて内臓を冷やしたり、
自律神経を乱すことは、後々危険な病気を引き寄せてしまいます。

夏が過ぎて秋にはグッタリしてしまうことはよくあります。

そうなる前に、まずは食生活、睡眠、体温調節、
これらを意識して改善してみると、夏バテ知らずの健康体を手にいれることができます。

夏バテは食事で解消!症状別夏バテ予防の食べ物とレシピを紹介

2016.06.15

スポンサーリンク
夏バテ 吐き気