【徹底検証】コンビニの「マクロビ派ブラウニー」は本当に体にいいのか?

macrobiotic
スポンサーリンク

コンビニに売っているものは一切口にしない私ですが、最近これが気になりモノは試しだということで購入しました。

マクロビ派ブラウニー(¥200+税)

コンビニでいうと、お菓子コーナーではなくちょっと意識高い系の人たちが立ち止まる「アノ」コーナーに陳列されています。
(カロリーメイトとか置いてあるとこね)

そもそもマクロビって何?

正式にはマクロビオティックと言います。これは自然との調和をはかり穀物や野菜などを中心とした食生活をして健康に過ごすというイメージです。(説明すると長くなるのでイメージを掴んどけばOK)
近年海外セレブとかがこれを流行らし、流行好きな日本人にも浸透してきました。
マクロビオティックは自然なものを食べるという思想なのでたしかに体にいいですね。添加物に汚染されつくした日本食は今や崩壊していますので…

そこで本題、こいつは本当にマクロビなのか?

macrobiotic

パッケージに注目です。

バター、マーガリン、白砂糖

不使用だと!?!?

こういうのはだいたいフェイクが多いのですかさず裏をチェックするぼくちん。
問題はね、原材料なんだわさ。

さっさと裏みしてみーや!おりゃ!!!!!

macrobiotic

ほうほう。

原材料は

砂糖(てんさい糖)、アーモンドパウダー、食用なたね油、小麦粉、小麦全粒粉、ココアパウダー、メープルシロップ、干いちじく、米粉、ベーキングパウダー、バニラ香料

ということなのでとりあえず気になる部分(赤文字)を厳格に分析していきます。

砂糖入ってるんかい!いや、待て、てんさい糖って?

は?砂糖入ってるやないかい。と、やはりフェイクか、こんちきしょー(ってだんだん口が悪くなってきたw)と思ったんですが「(てんさい糖)」と記載があったので、てんさい糖について思いっきり調べてみた。

てんさい糖とは
まず、白砂糖とはサトウキビから栄養素(食物繊維やミネラルなど)をガッツリ抜き取った甘い粉だと思っていればいいです。
>>白砂糖の摂りすぎで老化がグングン進む原因

それに対して、てんさい糖とはミネラルや食物繊維が抜き取られていない、さらにはオリゴ糖まで含まれているまさに「天才糖」だったんです。
だから砂糖と違って、体内に吸収されてもちゃんと栄養になってくれるというわけですね。
味の話をすると、砂糖よりまろやかでコクがあり、少し茶色ぽい色をしているんだとか。

ふむ。てんさい糖なら摂取しても大丈夫そうだ。

ちなみにこんなん↓

てんさい糖 650g

 

騙されるな!食用なたね油とかいう健康ぶった表記法

こういうの危ないんですよね。食用なたね油とかちょっと体に良さそうな雰囲気出てるじゃないですか。
でもこれただのサラダ油です。サラダ油には「トランス脂肪酸」「リノール酸」という成分が含まれています。
バターやマーガリンが不使用と記載されていましたが、トランス脂肪酸が入っていればそれらが入っているのと対して変わりません。
トランス脂肪酸は日常的に摂取しすぎると悪玉コレステロールが増えて、肥満や健康被害の原因にもなります。
一方、リノール酸とは私たちに必要な栄養素なのですが、このリノール酸を加熱してしまうと神経毒になってしまうから怖いのです。脳神経に影響を与えたり、またアレルギー性皮膚炎を引き起こすこともしばしば。

とはいえ、しょうがないから食べてみる

macrobiotic

内容量はこんなかんじで、2つついてますね。

カロリーは1つで113kcal。結構あるねー。

macrobiotic

ブラウニーとは言い難い…が、おいしいことはおいしい。
いちじくがプチプチしていて個人的には好きなタイプ(笑)

よく噛んで食べればお腹にも溜まるし、甘いのがどうしても食べたくなったら手をだしてしまいそうなかんじがする。(あれだけ文句言ったくせにw)

結論

うまい。そしてまぁまぁマクロビである。

スポンサーリンク
macrobiotic