肌を綺麗にする【抗糖化】する食事方法!糖化を抑制して赤ちゃん肌へ

スポンサーリンク

私たちの体のほとんどはたんぱく質でできています。
たんぱく質は体内に入ってきた「糖」と結びつきやすい性質があります。これによりたんぱく質が変形して老化を促す活性酸素が発生します。これが「糖化」です。

糖化すると肌がたるみ、くすみ、しわができる

たんぱく質と糖が結びつくと活性酸素が発生します。この糖化が起こった際に出る物質をAGEといいます。
AGEがたくさん出ると老化が進行して肌トラブルを引き起こします。肌が汚かったり、老けてみられるならこのAGEがたくさん生成されているということです。
>>君たち、これが老化の仕組みだ!活性酸素を抑えれば確実に若返る

AGEが増えると他のたんぱく質も劣化

私たちの肌もほとんどがたんぱく質です。そのたんぱく質がAGEの増加によって劣化していき「化石化」を起こします。
そうなると肌だけではなく、血管も脆くなり、血液もドロドロになりたくさんの病気を引き起こすのです。
糖化が進み、 AGEが増加していくと身体中のたんぱく質がボロボロになっていきます。

糖化は食事で抑えられる

糖化を抑制する働きがある「抗糖化力」という力をつけていくと糖化の進行を抑えます。
これは食事によって抗糖化力をつけることができます。しかしそんな難しいことではないのでぜひ生活に取り入れていってください。

糖化は体内だけでなく食べ物にも起きている

糖とたんぱく質が結合して変形する反応はすべての糖化になります。ホットケーキや焼肉などがこんがりする「おいしそうな」状態は糖化になります。実際に焦げた食べ物にはAGEがたくさん含まれているのです。
こういうものを摂取すると体内でもAGEが増加していきます。なので体内でAGEが増えるのパターンと食べ物自体にAGEが含まれているパターンの2通りあるということです。

糖化を防ぐ抗糖化の食事法

加工食品にはAGEがいっぱい

AGEがたくさん含まれている食べ物は、加工食品に多いのです。例えばソーセージやハム、菓子パンやスナック菓子などです。
加工食品はあらゆる工程で糖化を起こしています。ステーキを食べる際にはよく焼きよりも、レアの方がAGEは低いのです。
食べ物は原型に近い形で摂取するとAGEを避けることができますので一つの指標にしてみてください!

炭水化物ON炭水化物は危険

糖化をすすめないようにと炭水化物を一切摂取しないという食生活は逆に危険です。炭水化物は体に必要な成分がたくさん含まれています。これを一切抜くと骨髄機能が低下するという研究結果もあるくらいです。なので炭水化物を抜くのは非常に危険なのですが、問題はその量にあります。
炭水化物ばかりを食べ過ぎる生活は糖化が進行し、AGEがたくさん増えてしまいます。毎食を炭水化物にしたり、「焼きそばパン」「蕎麦と丼もの」「ラーメンとチャーハン」などの組み合わせは炭水化物の取りすぎです。
炭水化物は少量にしてなんでもバランスよく食べましょう。

食後1時間の過ごし方でAGEの量が決まる

食後の1時間後は血糖値が上がる時間になります。この時間帯に軽い運動をするだけで、血糖値は上がりにくくなりAGEの生産を抑制することができます。ランチのあとや夕食のあとは少し歩くようにしてみてください。少し食べ過ぎてしまっていても糖化を最小限に抑えることができます。

食物繊維を先に食べると糖化しにくい

カレーを食べる前にキャベツを大量に食べる実験をした結果、すべての人の血糖値が緩やかに上がったそうです。食物繊維には、そのあと摂取する食べ物の成分を絡め取る性質があります。なるべく根菜系、海藻類などの食物繊維を食事の先に摂取して吸収を抑えましょう。
>>食物繊維の凄まじい5つの効果と間違った摂り方

まとめ

糖化が進むとAGEという老化を加速させる成分が作られてしまいます。
これにより肌はくすんだり、しわやシミなどができたりしてしまいます。糖化を防ぐには食生活を変えることが1番重要です。
今回紹介した「抗糖化」の食生活をぜひ実践してみてくださいね!

スポンサーリンク