糖質制限ダイエットをすると【ケトン臭】が出る!それってどんな臭い?

スポンサーリンク

ダイエットのしすぎが原因で臭う「ケトン臭」をご存知でしょうか?
私たちは炭水化物抜き、糖質制限、おかずだけのダイエットなどいつも斬新なダイエット方法に翻弄されています。
しかしそんな無茶なダイエットをしていると独特の匂いが放出される場合があります!
それが「ダイエット臭」ならぬ「ケトン臭」です。

糖質制限ダイエットは臭う!?

以前間違った糖質制限ダイエットの記事を書きました。正しい糖質制限のダイエットならケトン臭が出ることはありません。
こちらも参考にしてください。

>>危険!糖質制限ダイエットの大きな落とし穴!糖は身体に必要不可欠なのです。

ケトン臭ってどんなにおい?

ケトン臭は脂肪燃焼が行われると出る可能性のある甘酸っぱい匂いのことです。これは汗や尿、口から出ます。
炭水化物などの糖質を抜くと体内の脂肪を燃焼させる働きがあるでの脂肪燃焼効果が高まり、その過程によってこの甘酸っぱい鼻につくような臭いが出るのです。

さらに「アンモニア臭」も出る

栄養不足であったり、食事を抜いたりしていると代謝が低下し身体がエネルギー不足になります。
そうなるとエネルギーがないのに身体は代謝しようとして「不完全燃焼」を起こします。この時乳酸が生産されて、この乳酸こそが「アンモニア臭」となります。ヨーグルトのような酸っぱい臭いがまさに乳酸のアンモニア臭です。

ダイエットしても匂わなくするためには?

こうやって聞くと、ダイエットってしちゃいけないの…と思うかもしれませんが、ダイエットは本来健康になる行為です。
それなのに食事を抜いたり、栄養が偏るような生活をしている方がおかしいですよね。
よく◯◯ダイエットなどが流行りますが、ああいう手のものは一点食べをしがちです。一点食べは栄養が偏りかなり不健康です。
それよりも普通に食事をする中で食べてはいけないものを知り、それを避ける方が効果的です。
私たちの身体は自分が食べたものでできています。野菜しか食べないと野菜の栄養しか採れません。
しかし人間の身体はそんな単純にはできておらず、様々な栄養がバランスよく行き渡ることで生きることができています。

臭い知らずのダイエットなら活性酸素を発生させないダイエットがおすすめ

活性酸素は身体を太らせる他、様々な病気や肌荒れ、老化を引き起こします。
活性酸素は臭いの元にもなるので活性酸素を除去する食事や発生させない食事をしてみてください。
これがすんごい痩せますから!

こちらの記事を参考に、臭わないダイエットに励んでくださいね。

>>【禁止】活性酸素が発生する食品はこれ!食べるな危険!!

スポンサーリンク