【活性酸素とは?】1分で活性酸素を簡単に説明

スポンサーリンク

活性酸素とは

体内で発生する有毒ガスのことです。簡単に言うと、身体が「サビる」ということだと思っていてください。

活性酸素が発生すると

活性酸素が発生すると、肌が荒れたり、しみしわたるみなどの老化現象が起こります。また、活性酸素はがん性物質とも呼ばれていて、様々な病気の原因はこの活性酸素にあると言われています。

活性酸素はどうやって発生する

活性酸素は、生きている限り発生させないことは絶対に無理なものになります。
なぜなら呼吸によっても活性酸素を発生させるからです。太陽に浴びたり、スマホやテレビを見たり、ストレスが溜まったり、タバコを吸ったり、便秘になったり、食事をすることも活性酸素が起こる要因なのです。

活性酸素の発生を抑える方法

生活しているだけで活性酸素が発生するなら、抑えるのは無理?と思われるかもしれませんが、最小限にすることは十分に可能なことです!私たちが活性酸素を抑えるためにできることは大きくわけて2つです。
それは食事の管理とストレス解消です。

・食事の管理をする

食事による活性酸素は、主に悪玉菌が増えることで発生します。しかも悪玉菌が増えることで活性酸素が発生するので、かなりの悪循環が繰り広げられます。なのでまずは悪玉菌が発生しないような食生活を行うことが、活性酸素を抑える食生活になるということです。
食事で気をつけることは「抗酸化作用」という活性酸素を抑える食べ物を摂取することで活性酸素を除去することができます。
詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね
>>抗酸化作用のある食べ物はこれだ!老化を根絶させる唯一の方法とは

また、便秘になることでも悪玉菌が増えて活性酸素が発生します。日本人には便秘の人がかなり多いのですぐさま解消することをおすすめします。
>>解決!どんな頑固な便秘もソッコーで解消する正しい食べ物と食べ方

・ストレスを解消する

ストレスが溜まると、身体がストレスを抑えようとビタミンCを大量に消費します。ビタミンCは体内の活性酸素を抑える重要な役割をしています。そのビタミンCを無駄遣いしてしまと活性酸素が体内に充満してしまいます。
しかしストレスを溜めないような生活を送るのは結構困難ですよね。そういう時は楽しいことをしたりリラックスできる空間を作ったりすることで活性酸素を最小限にすることができます

まとめ:活性酸素を抑えると病気も肌荒れも防げる

活性酸素は「活性」する「酸素」ということでいかにも身体に良さそうですが、実は私たちの身体を蝕む有毒ガスだったんですね。
活性酸素を極力抑えることで健康を手に入れ、肌も見た目も綺麗な若々しい見た目になれますよ。

スポンサーリンク