肌に優しい日焼止めクリームの選び方|SPFが高いほど肌への負担が

flower-108685_640
スポンサーリンク

日焼け止めクリームの肌への負担

日焼け止めの肌への負担は以下の通りです。

・日焼け止めクリームにたくさん入っている「酸化チタン」
・SPFが高いほど酸化チタンが多い
・ウォータープルーフは「合成ポリマー」が入っていて強いクレンジングがなければ落とせない
・合成ポリマーは皮脂膜の形成の邪魔になり、乾燥肌を引き起こす

酸化チタンと合成ポリマーに要注意

酸化チタンの肌への影響とは?

多くの日焼け止めクリームは酸化チタンがたくさん入っています。
これはファンデーションにも含まれています。
これはたしかに日焼けを防止するのに効果的です。

酸化チタンが入っていないとただのクリームになり、
クリームに酸化チタンが入っているから日焼止めクリームになるということです。

酸化チタンが多ければ多いほど、SPFが高い日焼け止めクリームを作ることができます。
SPFが高い方がより紫外線をカットしますが、その反面肌への負担は計り知れません。

合成ポリマーは肌に密着してなかなか離れません。

なのでウォータープルーフの効果を発揮しますが、強いクレンジングが必要になります。
クレンジングは化粧品の中でもダントツに肌に負担がかかります。
肌をドリルで削るようなイメージです。

水をはじく力が強ければ強いほど、
皮脂膜の形成を妨げられます。
どうしてもウォータープルーフの日焼け止めクリームを使いたい場合は、
全成分表をチェックしなければなりません。

合成ポリマーやシリコンが含まれず、アミノ酸や油脂でコーティングしてあるものは石鹸で落とすことができます。

日焼け止めを使い分ける方法

SPFとPAの役割を知っておく。

海やアウトドアの時はSPFの高いものを

外出して、肌が赤くなったりジリジリ焼けるような紫外線は、UVBという紫外線による日焼けです。
このUVBをカットするのがSPFです。

室内にいることが多い場合はPAだけ注目する

窓を通しても入ってくる紫外線はUVAに当たります。
ちなみにUVBは室内には入ってきません。
そしてこの窓を通って入ってくる紫外線(UVA)はPAによってカットされます。
なのでよっぽどのアウトドアでない限りは、SPFの低いものを選んだ方がいいです。

普段使いは「SPF15〜20、PA++」

これで十分です。
日焼け止めは肌への負担がすごいし、かといって紫外線を浴び続けるのも負担です。
なので負担は最小限にして、全ての負担を軽減しましょう。

白浮きする日焼け止め

白浮きを防ぐには酸化チタンを多めにするか、
酸化チタンを超微粒子(ナノ)にすることです。
ナノ化は超微粒子なため肌に入り込んでしまいます。
これは乾燥肌を招く原因になるので、ナノ粒子をコーティングしてあげなくてはなりません。
もしくは、白浮きが少々気になってもナノ化していないノンナノを選ぶべきです。

まとめ

日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点
・合成界面活性剤をなるべく含まない
・合成ポリマーを含まない
・酸化チタンがナノ粒子でない「ノンナノ」である
・酸化チタンがシリコン以外のものでコーティングしてある

スポンサーリンク
flower-108685_640