ガサガサのかかとを治す究極のケア方法

スポンサーリンク

ストッキングを履くときにガサガサガサ!!!と音を立てていたら危険です!
かかとのガサガサは見るのも触るのも残念ですよね。女性ならかかとですらツルツルしていたいものです!
今回紹介するかかとケアでぜひガサガサかかとを卒業してつるんつるんの触りたくなるようなかかとを手に入れましょう。

かかとのガサガサの原因

これはもちろん古い角質が原因です。角質は通常古くなると自然と剥がれ落ちていくものなのですが、全体重を支えて常に圧迫されているかかとは、皮膚のターンオーバーがされにくくなっています。
硬くなるのも、かかとは負担が大きいので皮膚を強くしようというかかとの頑張りの象徴なのです。
しかし、ガサガサを放っておくとひび割れして血が出たり、足に雑菌が繁殖しやすくなり足が臭くなります。
なんといっても肌触りや見た目がキモいですので一刻も早くケアをしていきましょう!

かかとのデイリーケア

これは毎日行ってください。
お風呂上がりにかかとに白色ワセリンを塗って、綿の靴下を履いてください。かなり保湿されます。
保湿とはうるおいを「保つ」という意味です。
うるおいを与えるというのではなく、肌がもっている水分を逃がさないようにしてあげることが保湿なのです。

白色ワセリンはかなり万能で、肌から水分を蒸発するのを防ぐ働きがあります。私はこれをリップやハンドクリーム代わりにしたりして使っています。
薬局でも売っています。値段が200円とか300円なのでかなりお得。

【第3類医薬品】健栄製薬 白色ワセリン 50G

 

まじでかかとのガサガサがひどい人はこれからやるべし

かかとのケアはデイリーケアとスペシャルケアがあるのですが、ガサガサが重症の人はスペシャルケアからやりましょう!
あまりにも角質が分厚いと、デイリーケアの意味がなくなってしまうので^^;

スペシャルケアのやり方

かかとやすりを用意してください。これを使ってかかとの角質をそぎ落としていきます。


ビューティーフット日本製やすり 足の裏

ここでポイントが2つ。

1、お風呂で行わないでください!
必ず乾いた状態でやるようにしましょう。ふやけた皮膚を削るとどこまでがいらない角質なのかよくわかりませんので!

2、少し削ったら必ず手で触って確認する
これを繰り返すことで削りすぎを防ぎます。

削り終えたら、デイリーケアの手順をやってください。
これを約2週間やりつづけます。それでも治らない場合は残念ながら水虫かもしれません。かかとの水虫はかゆくなりにくいので気づかないことが多いのですが、これを2週間やって改善されないのはおかしいので病院に行ってみてもらいましょう!

スポンサーリンク