エストロゲンとプロゲステロンの作用とは?女性ホルモンを整えるといいこといっぱい!

スポンサーリンク

女性ホルモンには大きく分けて、エストロゲンプロゲステロンがあります。

一般的にエストロゲンが女性ホルモンと呼ばれていますが、エストロゲンには「女性らしさ」を作る作用があるからだと思います。
綺麗な肌、胸、髪、ボディラインを作るのはこのエストロゲンです。しかし一方で悪い面もあります。エストロゲンばかり分泌されていると、乳がんや子宮頸がんなどの原因にもなるのです。

そこで登場するのがプロゲステロンです。プロゲステロンはエストロゲンを抑制する働きがあり、それらの女性特有の病気を抑えてくれるのです。プロゲステロンは体温を上昇させたり、妊娠を維持する重要な働きもあります。

なのでこの2つの女性ホルモンがバランス良く分泌されることが望ましいというわけです。

エストロゲンの働き

エストロゲンは私たちの大敵である、あの活性酸素を除去する役割があります。さらに記憶力や計算力も高めてくれるのがこのエストロゲンです。内臓脂肪を抑える働きもあり、ダイエットを内側からサポートする働きもあるのです。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンはこのエストロゲンのデメリットを打ち消してくれる作用があります。
エストロゲンばかり分泌されると女性ならではの病気が浮き彫りになってしまうのです。

現代人はエストロゲンばかり優位になっている傾向が

乳がんや子宮頸がんなどの女性特有の病気はわりと最近になって発症者が増えるようになりました。
これはエストロゲンが優位になっているということです。さらには不妊、PMS(月経前症候群)が悪化しているのも現代人の特徴です。

なぜ女性ホルモンのバランスが崩れるの?

エストロゲン優位ということはプロゲステロンがうまく分泌されていない証拠です。
エストロゲンばかり分泌される要因は様々ですが、無理なダイエット、睡眠不足、冷え性、ストレス、偏った食生活などが挙げられます。
これらは基本的なことですが、実はこの基本的なことのせいで女性ホルモンは乱れてしまうのです。

恋愛すると女性ホルモンが出るってホント?

よくメディアなどが、彼氏ができて恋愛すると女性ホルモンが活性化する!というような報道がされていますが、確かにそういう人がいるのも事実。心が安定して、幸せを感じるとホルモンバランスが整うからです。
しかし恋愛って案外幸せなことばかりじゃないんですよね(笑)逆にストレスの温床になっていたり、恋愛していなかった時の方が自由で楽しかった!なんて女性もたくさんいます。
なので恋愛は一長一短!女性ホルモンを整えるのも乱すのもあなた次第というわけです。

女性ホルモンのバランスを整えるには

無理なダイエット、睡眠不足、冷え性、ストレス、偏った食生活などを正す必要があります。
しかしあまりにもやることが多すぎて、そんなの無理だろって諦めてしまうのはもったいないです。なので自分ができることを少しずつ取り入れていく!これが一番手っ取り早い方法です。

以下は女性ホルモンを整えるのに効果的な方法になります。ぜひ自分ができそうなものにチャレンジしてみてください!

>>本気でダイエットならカロリーではなく血糖値をコントロールするべし

>>【食べる睡眠薬】眠り成分トリプトファンを摂取し睡眠不足を解消しよう!

>>【女性限定】あなたのストレスを一発で解消する方法をお教えします!

スポンサーリンク