【本気の人に送る】ダイエットを成功させる3つの真髄

ダイエット1
スポンサーリンク

あなたは流行りのダイエットに乗ってみるものの本当にダイエットに成功したことってありますか?

◯◯を食べるだけダイエット!
これに置き換えるでけダイエット!
糖質オフダイエット!
結果にコミット系ダイエット!

一時的には効果が出たりすることはあっても継続して理想の体型を維持してる人ってなかなかいないと思う。

なんでこういう手のダイエットは長続きしないのか?

ダイエット失敗の最大の理由はたった1つ

これは「続かない」ことにあります。
だってみなさん、1ヶ月ちゃんと食事を管理したり甘いものを控えられても、
2ヶ月目にはどうでしょう?

生きているとたくさんの誘惑があります。

ちょっとぐらいなら・・・とお菓子をむしゃッ!

今日はもうしょうがないから明日から!なんて自分に言い聞かせてしまいます。

それがいつしか怠惰になり「もういいや、どうせ痩せないし」とダイエットを放棄して元の体重に戻ります。
そして時間が経って、また「よし!今度こそ本気でダイエット!」などと意気込むのです。

結果的には効果を出さずにこの繰り返しっていうのが常であります。

なぜそんなにもダイエットは続かないのか?

ダイエットが続かないのは勉強不足、知識不足だから。
ダイエットしたいとか痩せたいとか言うものの、たいした勉強はぜずに、
ただ単に「痩せる方法」などとググって、これを食べろアレは食うななどの安直な情報に左右され、
それを実践するからです。
手法に囚われすぎて、応用が利かない、
ダイエットというものを根本的に理解していないので続きません。

本気で痩せたいなら身体のことを勉強しなければなりません。

だって痩せるのは自分の身体なわけですからね。

今、酵素がブームとなり酵素ダイエットなどが流行っていますが、
なんで酵素が痩せるのかな?ってなんの疑問も持たずにそれに挑戦するから、
痩せないし、続かないのです。
実際に酵素はスムージーから摂れると勘違いしてスムージーを飲んで太る人もいるのです。

もっとなんでだろうと疑問を持って、根本的に痩せるとは何かを自分で勉強するべきですよね!

だって本気で痩せたいわけですから!

痩せてかわいくなってモテたいし、かわいい服を着たいわけですから!

もっと本気出してこ!!!

本気の人へ!ダイエットの3つの必須項目

・いい水を毎日2リットル飲む
・便秘を改善し、毎日理想のうんちを出す
・消化酵素を節約し、代謝代謝に回す

1、水を飲まないと代謝が落ちて何をしても痩せない身体に

水を飲むことがいいのは知っているけど、ちゃんと毎日2リットルも飲んでる人は少ないはずです。
なぜ水を飲まなければいけないのか?というと、
人間の身体の約70%くらいは水に占められていることはご存知ですよね。
ではこの身体の水はどこにあるのか?
これは細胞の中にあります。細胞とは私たちを構成する要素であり、細胞は約60兆個あると言われています。
細胞内、細胞外(血液やリンパ液)の水が日々老廃物を排出するには、新しい水を補給してあげないといけませんよね。
これにより細胞や血液がキレイになり、いい循環が生まれます。
細胞や血液に老廃物が溜まりぱなしだと、代謝が落ちて太るどころか肌荒れや様々な病気になります。
水を取り込むことで体内の老廃物を排出して巡りを良くしてあげることがダイエットや健康には必要不可欠なのです。

では「いい水」とは?なぜ2リットル?
この2リットルが多いと感じるなら、あなたは間違いなく水不足です。
人間は1日に2.5ℓほどの水を体内から排出しています。
なので最低でも出した分くらいは補っていかないと、水不足になるはずです。
毎日食べる食べ物に含まれる水が1ℓくらいだと考慮して、多めに換算すると約2リットルの水分補給が好ましいといえます。

ここで注意。

お茶やジュース、清涼飲水は水には該当しないということ!!
もちろんコーヒーやアルコールなども水ではありません。

「いい水」とは、ミネラルウォーターのことです。つまりより自然に近い水ということです。
ここで、水道水にも注意が必要です。
水道水には水を消毒するために大量の塩素が含まれているし、殺菌処理中にトリハロメタンという発ガン性物質が含まれています。
もちろんこれは国の規定内なので直接飲んだとしても問題はありませんが、
細胞レベルで考えると、いい水とは言い難いです。
なので市販のミネラルウォーターを飲むか、蛇口に天然ミネラルに近い水にすることができる浄水器をつけるなどして工夫してみてください。

そしてもう一つアドバイスが。

常温で飲んでください。
冷えすぎた水を飲むと、細胞が固まって本来の働きが鈍ります。
身体を冷やさないためにも常温で飲みましょう。

2、うんちを出さないと悪玉菌が増えて何をしても痩せない身体に

便秘は一般に、ダイエットにはあまり関係ないと思ってる人も多いです。
ですがこの基本中の基本ができていないと痩せることはありません。
逆にちゃんと毎日理想の便を出していれば、何もしなくても痩せる体質になります。

そして、便が出ないということは腸の中に生ゴミが常に溜まった状態が続くということなので、
腐敗菌(悪玉菌)が増えます。
悪玉菌が繁殖すると、活性酸素が発生するのでこれも代謝の妨げになるのです。
活性酸素は老化の原因です。老化すると代謝が落ちると言われているのはこのせいですね。

何よりもまずは便秘を治し、理想の便を出すことが先決です。

3、消化に酵素を使うと、代謝がガクンと落ちて何をしても痩せない身体に

ダイエット

体内酵素は、
消化酵素と代謝酵素の2種類に分けられます。
食べたものを消化、分解するには、消化酵素が使われます。
そして代謝酵素は毒素排出や免疫向向上などの代謝機能に使われます。

これらの体内酵素は量が限られているため、消化酵素を大量に使えば原理的に代謝に回せる酵素が減ってしまいます。
なのでいかにして、消化に回す酵素を節約し代謝酵素に回していくかなのです。

ジャンクフードや、添加物がたくさん入った食べ物、砂糖などは大量の消化酵素が働いても分解できないほど厄介です。
こんなものに消化酵素を無駄使いしていると、代謝酵素が機能せずに、
代謝が衰えてエネルギー消費ができずに太ってしまいます。
さらには免疫機能が低下するので病気にかかったり、毒素が排出できないので肌荒れを起こしたりします。

なるべく消化酵素を使わない食べ方や食べ物を摂取し、
酵素はなるべく代謝に回しましょう。

つまりは、ダイエットを成功させたいなら代謝機能を正常に働かせる必要があります。
この代謝がないと、痩せるなんてもってのほかです。
これがちゃんと機能することで、私たちは初めて痩せることができる権利を獲得するのです。
その権利もないのに痩せたいなんて虫が良すぎるのです。

まとめ

多くの人は太るのは「食べるから」と勘違いしています。
だから無理な食事制限をしてもリバウンドを繰り返すだけなのです。
太るということは、実は食べたものが排泄されなかったり、
食べたものが送られるべきところに送られていないということが原因なのです。

ダイエットの基本は代謝を上げること。
なぜかここが軽視されていますが、普通に考えて代謝がないのに痩せるなんてことはありえません。
毒素を排出することができて、うまく代謝機能が働けば生きてるだけで痩せやすい身体になるのです。

いい水を飲んで老廃物を排出し、
便を出して老廃物を排出し、
消化酵素を無駄使いしなければ、代謝酵素が老廃物を排出してくれます。

やはりデトックスが代謝を上げることに1番有効的でして、
ここがダイエットの要になります。

流行に踊らされず、根本的なダイエットを理解して代謝機能を上げていきましょう。


スポンサーリンク
ダイエット1