腸内フローラを改善する方法!あなたの病気が一瞬で吹っ飛ぶ魔法の細菌たち

スポンサーリンク

腸内フローラとは腸内細菌たちのことです!

腸の中に棲む細菌たちは、およそ1000兆と言われています。
そしてその重量は1キロもあるそうです。

その細菌たちはまるでお花畑(フローラ)のようにグループを作って生息していることから「腸内フローラ」を呼ばれるようになりました。

腸は人間の免疫を80%も握っている

つまり腸によって私たちの健康のほとんどが決まると言って間違いはありません。
アレルギー、鬱、頭痛、アルツハイマー、肥満、肌荒れ、腹痛、糖尿腸、風邪など言ったらキリがないほどですが、これらは腸内フローラを整えることで改善されるのです。
様々な病気はこの腸が関係しているので、腸内フローラを整えることがどんなに大事なことかお分かりいただけたでしょうか?

腸内フローラの細菌って何者?

腸内に棲む細菌のほとんどは大きく分けて「善玉菌」と「悪玉菌」です。
善玉菌は「ビフィズス菌」「乳酸菌」などのことで、悪玉菌は「ウェルシュ菌」「大腸菌」などのことです。

悪玉菌が増えると、まず化活動が低下します。
消化しきれなかった食べ物から有毒ガス(活性酸素)が発生し、それはガンを誘発する原因にもなります。

しかし悪玉菌をすべて排除することはできません。
腸内フローラは善玉菌と悪玉菌の勢力争いのようなもので、より量が多い方が腸内を支配権を握るのです。
ということは善玉菌に支配権を握ってもらわないと、私たちは一生不健康から逃れられません。

腸内フローラを改善!善玉菌を増やすには?

善玉菌を増やすにはいくつか方法がありますが、1番基本的で効果的な方法は食事改善になります。
ではどんな食事が善玉菌にとって嬉しい食事なのでしょう。

善玉菌の好きな食事方法

・善玉菌は食物繊維とオリゴ糖が大好物
・善玉菌は水があるとたくさん働ける
・善玉菌は酸性の環境が居心地いいの

1、善玉菌のエサとなる食べ物を食べよう!

食物繊維は大腸ガンすら予防できる
食物繊維は人間の消化酵素では消化できず、そのまま小腸に送られます。
そこで食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌がモグモグ食べてくれるのです。
そうすることで善玉菌がどんどん増えて悪玉菌が弱くなるのです。
オリゴ糖も同様、善玉菌が大好きなエサなんです。
栄養をすべて取り除いた「白砂糖」は摂れば摂るほど腸内フローラが荒れる一方で、
オリゴ糖は甘味もあり整腸作用もあるということで大注目を浴びる結果となりました。

2、水を飲むと善玉菌が活性化してよく働いてくれる

水は1日2リットルは摂取した方がいいです。
汗をかく夏場や運動シーンなどはとくに脱水症状が起こりやすいのです。
脱水症状は腸内フローラが起こしていることだと思って、水はこまめに飲んでください。
水がないと食物繊維をとっても意味がありません。
食物繊維は水と交わることで効果を発揮するからです。
水を飲むだけで腸が活発に働き、善玉菌の力も一層増してくれるのです。

3、善玉菌が好きな環境は「発酵した環境」

日本人ならではの食事「和食」は腸内フローラが大喜びする食べ物です。
なぜなら善玉菌は酸性の環境が住みやすく、悪玉菌は酸性の環境は住みにくいからです。
発酵食品とは、味噌、醤油、納豆、キムチ、漬物などです。
つまり食事に和食を積極的に取り入れることで腸内が酸性に保たれ善玉菌が元気に気持ち良く住み着くことができます。

腸内フローラをさらに改善する心のコントロール

腸は第二の脳とも呼ばれています。
腸内フローラはストレスにとても左右されやすく、ストレスが溜まるとなんと悪玉菌が増えるのです。
まさに「病は気から」ってやつですね。

しかしこのストレス社会でストレスを溜めないのには無理がないか?と思われるかもしれません。
はい、その通りです。悩みやストレスはどうにかして治るものでもありませんよね。

そんな時はストレスを溜めないようにするのではなく、ストレス発散法や癒しを感じる時間を作るのです。

1、アロマ入浴で五感から癒す

あなたが好きなアロマのオイルを数的浴槽に垂らし、香りを楽しみながら半身浴をしてみてください。
私のおすすめは「マジョラム」という精油です。
これは腸を活性化する作用があるので腸内フローラを整えるのにぴったりです。

2、好きな音楽や安らぐ音楽を聴いて癒される

私たちは幸せを快感を感じたり、愛情を持ったりすると、「セロトニン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンが不足すると、何をしてもストレスを感じたり、つい食べ過ぎたりしてしまうのです。
セロトニンをなるべく分泌するように、あなたが好きな音楽を聴いてテンションを上げていくことでストレスの溜まりにくい体質になれるのです。
ちなみに私は息抜きに大好きなUKの音楽やキスマイのPVを見てニヤニヤしています。笑
この時ばかりはかなりのセロトニンが分泌されていると思われます。笑

3、運動不足でOK!大事なのは歩くことだけ

よく「運動不足」がネックに思われている場合がありますが、実は激しい運動は活性酸素を発生させやすくあまりいいことではないのです。アスリートに早死にが多いことはご存知ですか?
運動運動と焦るよりも、歩くことだけをしていれば万事OKです。
歩くことで腸内フローラも活性化し、腸の蠕動運動も一緒に行われます。
しかも歩くだけで血行がよくなり、代謝もよくなるのです。私は食べた後イヤホンを耳にして軽く散歩をしたりします。

まとめ

自分は一人で生きているかと思ったら、意外にも自分を構成している生き物たちが1000兆個もいたなんて驚きですよね。
なので私は自分が食べたいものよりも、細菌たちは喜ぶかな?と思いながら食べ物を選んだりもします。笑
生活習慣が何をしても変わらなかったのに対して、この腸内フローラの存在に気づいた時は何のストレスもなく自然と生活習慣を変えることができました。
あなたもぜひ腸内フローラを喜ばせてあげてくださいね。

スポンサーリンク