汗が臭い時は食べ物が原因!体臭予防する食べ物をまとめてみた

スポンサーリンク

汗が臭い原因は大きく2つで、食べものと汗腺機能の低下が原因です。

前回は「汗が臭い!それは食べ物が原因かも!当てはまったら要注意」で汗が臭いのは汗が臭くなる食べものを食べていたからという話をしましたので、今回は「何を食べれば汗の臭いがなくなり体臭も臭くなくなるのか」についてお話していきたいと思います。

体臭や臭い汗には抗酸化作用が効く

以前お話した、汗が臭くなる食べものには必ず活性酸素を発生する作用がありましたね。
活性酸素は体内で発生する有毒ガスのようなもので、それは汗も体臭もおならも口もにおいがきつくなるのです。そんな活性酸素を除去してくれるすごいパワーをもつ食べものは「抗酸化作用」のある食べものになります。

抗酸化作用の高い食べものとは?

代表的なのはビタミン類です。ビタミン類は抗酸化作用が高く、有害なガスである活性酸素を除去してくれます。
ビタミンが多く含まれている食品として、
・にんじん
・パセリ
・にら
・ウナギ
・卵
・ピーマン
・ゴーヤ
・レモン
・いちご
など、他にもたくさんありますが、野菜やフルーツなどには特にビタミンが豊富に含まれています。ビタミンは熱によって失われるものもあるのでなるべくフレッシュな状態の生で食べることをおすすめします。

食物繊維で活性酸素を除去しよう

食物繊維は私たちの腸内を掃除してくれる役割があり、便秘解消にも効果的です。便秘を放っておくと、腸内に生ゴミが置きっ放しになり活性酸素が発生します。便秘だと体臭も汗も臭くなりますので便秘を改善することが先決です。

>>食物繊維で便秘を解消せよ!正しい食物繊維の知識

大豆製品で女性ホルモンをアップさせる

そもそも体臭や加齢臭は男性ホルモンの分泌が多くなるために起こることです。ジャンキーな生活を送っていると男性ホルモンが増え体臭もきつくなっていきます。そこで女性ホルモンの分泌を促し、女性らしい無臭の匂いと汗を目指していきましょう。
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整えます。
・納豆
・大豆
・豆腐
・無調整豆乳
などは積極的に摂るようにして男性ホルモンから遠ざかりましょう。

クエン酸でアンモニアを撃退

お酢や梅干しなどに豊富な抗酸化作用のあるクエン酸は、アンモニア臭の元である乳酸の増加を抑えることができます。
酸っぱいもので酸っぱい匂いを制することができるのは意外ですが試してみてください。1日に1回は酸っぱいものを食べるようにしましょう。
・梅干し
・酢の物
・リンゴ酢
・黒酢

発酵食品で日本人に戻る

元々和食を食べていた日本人は、体臭なんてなかったんです。体臭は欧米食が主流となった今だからこそある悩みなんだと理解してください。そんな時は和食の元祖である「発酵食品」を食べるようにしてください。
発酵食品は整腸作用があり体内を綺麗にしてくれます。発酵食品は腸内を酸性に保つ性質があり、酸性の環境だと悪玉菌が住めないので、便秘も改善し老廃物が体内にとどまることなく活性酸素の発生を防げます。

まとめ

食生活は私たちのにおいに大きく関わっています。食べない方がいいものは避けて、食べた方がいいものは積極的に食べることで体臭や臭い汗とはおさらばできます。
体臭を改善する食べ物は健康にも非常にいいのでそれだけでもおすすめできます。
食生活を改善し、自分に自信を持てる「無臭ライフ」をぜひ堪能してくださいね!

スポンサーリンク