湯船につからないと汗はみるみる臭くなる!入浴で匂いの原因を除去しよう

スポンサーリンク

現代人は忙しい人が多いため、シャワーだけで済ませてしまう人がほとんどです。
家に帰ってきて、わざわざお湯を張る人は少ないのが現実。しかしそんなシャワー生活は体臭や汗の匂いの原因になっていると考えたことはありませんか?

実は汗が匂ったり、体臭が臭かったりするのは湯船につかっていないことなのかもしれませんよ!

生活してるだけで匂いが溜まる

人間は、立ったり座ったりしているだけで体内に疲労物質が溜まります。この疲労物質の正体は乳酸です。乳酸が増えると汗に臭みが出てきます。体臭を消すにはなるべくこの乳酸を減らす必要があります。
そして乳酸をなくす一番簡単な方法に入浴があります。

入浴でリラックスすると乳酸が減っていく

入浴は疲労回復には最適な週間です。1日の疲れが溜まった体は同時に乳酸も溜まっています。入浴で疲れをとればこの乳酸を減らすことができます。シャワーだけで済ませてしまうと、乳酸が翌日にも持ち越されることになり汗が臭くなったり、体臭が匂ったりしてしまいます。
入浴は乳酸を減らすだけでなく、汗もかくことができるため汗腺を鍛えることもできます。普段汗をかかないと、臭い汗が出てきてしまいます。
なので入浴は非常に大事な習慣なんです。

汗の匂いを解消する入浴をより効果的にする方法

1、ミョウバンをお湯にいれる

汗の匂いや体臭がどうしても気になるっていう人は消臭グッズを使うのもおすすめです。
消臭グッズでおすすめなのが、ミョウバンです。ミョウバンとは「硫酸アルミニウムカリウム」のことです。これはたんぱく質を固める働きがあり、肌に触れると嫌な匂いのもとになる汗腺の表面をブロックしてくれます。
これを少し湯船にいれるだけで汗腺を防ぐことができます。


焼きミョウバン500g

ミョウバンでできた石鹸も売っています。

みょうばん石鹸

2、クスリ湯に入る

嫌な匂いの元を断つためには、クスリがおすすめです。クスリ湯とは、昔から伝わる入浴方法で体を清潔に保つ効果があります。

・笹風呂

笹は脱臭・消臭作用があり、匂いの元を断つのに効果的です。水虫や湿疹なども防ぐこともできます。

・雲南茶

雲南茶は中国のお茶で、漢方風呂に多く使われています。雲南茶には殺菌効果の他、脂肪燃焼効果もあるので、太っていて汗かきの人にはおすすめです。普通にお茶として飲んでもOKです!

プーアル雲南茶

・マコモ風呂

マコモとは川や沼などに生息するイネ科の植物です。これに含まれる黒穂菌が体臭の原因となる老廃物や垢を食べてくれるのです。
マコモを入れるとお湯が黒くなりますが、体臭予防にとても効果的なのでやってみてください。

マコモ粉末

3、重曹を入れる

重曹を入れたお風呂に入ると、体臭はもちろん肌もきれいになります。重曹は食べ物をはじめ、掃除道具にも使われたり、使い道は様々です。
重曹は弱アルカリ性の性質をもつため、脂肪の汚れや汗に含まれる臭い成分を除去することができるのです。
長く使い続けることでお肌もツヤツヤになっていくでしょう。

毛穴撫子 重曹白肌風呂

4、酵素風呂に入る

酵素は、人の体の汚れを分解する役割があり、匂いの元から引き離してくれます。
体をゴシゴシ洗わなくてもこの酵素風呂につかれば、ほとんどの汚れや匂い成分が取れていきます。

酵素で洗う入浴料

まとめ

湯船につからないと1日の疲労物質が溜まり、同時に臭い原因である乳酸もたまってしまいます。
この乳酸は湯船につかることで解消され、次の日も臭わない体になることができます。ぜひ今回紹介した入浴法を試して匂いの元を取っていってください。

スポンサーリンク