【食べるな危険】老化物質AGEは食べ物から猛烈に入り込む

スポンサーリンク

老化はAGEの量で決まる

AGEは日常的に嫌でも発生しますが、一番気をつけたいのが「食べ物」です。
AGEの含有量は食品によってかなりの差があります。例えば、朝食にご飯(米)を食べる日本人に比べて、朝食にワッフルを食べるアメリカ人ではAGEの量が95倍にもなるのです。
このように日頃の習慣で生きている間のAGE総量が決まってきます。これは老化指数と言ってもおおげさではありません。

魚より肉の方がAGEが高い

肉類でとくにAGE含有量が多いのはソーセージです。こいつのAGE量はえげつないんです。さらにローストビーフやハンバーガー、チキンナゲット、このように加工した肉ほどAGEが高くなるのがわかります。

一方、魚介類はAGEが低めです。肉類の約10分の1ほどになる場合もあるので肉と魚で迷ったら魚を選ぶように心がけていきましょう。

加熱によってAGEが爆発

AGEはたんぱく質と糖質を一緒に加熱することで大量発生する性質がありますので、食品の加熱度というのはかなり重要なんです。
実際に、「焼く」「炒める」「揚げる」調理法はAGEが爆発的に増えることが研究によって明らかだそう。

例えば、鶏肉は肉類の中でもAGEが比較的少ないのですが、8分揚げただけでAGE量が生の時より10倍多くなるんだそうです。
なので唐揚げとか本当にヤバいってことです。
さらにじゃがいもはフライドポテトにすることでAGEが40倍以上になります。本当えげつないっす…

日頃の食生活への意識改善

加熱度を考えてAGEを減らしていくなら、これを外食にもこれを取り入れていきましょう。

焼肉よりもしゃぶしゃぶ
焼き魚よりもお寿司
唐揚げよりも蒸し鶏(最近ではカオマンガイなどおいしいですよね)
ステーキウェルダンよりもレア

普段の何気ない意識によって人生で摂取するAGE量が違ってきます。

AGEを増やしたくないなら「生喰い」しろ

近年流行っている「ローフード」スタイルは老化防止にはかなり効果的です。

・食べ物はなるべく加熱せずに食べる
・調理方法はなるべく「茹でる」「煮る」「蒸す」にする
・焦げ目は食べない

このあたりを守ればAGEの爆発的発生は防ぐことができます。

生だとおいしくない・・・と思うかもしれませんが結構生のがおいしかったりしますよ。
旬の野菜は加工しなくても甘みがあって生でもおいしく食べられますし、魚もカルパッチョやお寿司など、生の方がおいしいです。
私は個人的に肉も生がおいしくて大好きです。新鮮でこだわっている店ならそれでもOKですよね。

電子レンジが超使える!

とくに肉類は加熱しないと食べられないものが多いですよね。しかし、電子レンジでも十分に加熱が可能なので、ソーセージや鶏肉など電子レンジでチンして熱を入れるのがおすすめです。
これによってAGEの半分以下に抑えられることがあります。

コーヒーは淹れ方でAGE量が変わる!?

コーヒーはドリップした淹れたてのコーヒーが一番AGEが低くなります。
それに比べて、コーヒーを入れて1時間くらい経った保温してあるコーヒーはAGE量がその役8倍になります。もしあなたがコーヒー好きなら、淹れたてコーヒーを飲めるお店で楽しんだ方が良さそうです。
ファミレスなどは、時間の経ったコーヒーを保温してあるので飲むのは控えましょう!

ちなみにファーストフードは死への世界へようこそとしか思えない

ハンバーガーにポテト、ナゲット。一体AGE量はどのくらいなのでしょう。考えるだけで怖いですね(笑)
たしかにおいしいですが、自分の体や肌を考えるとその代償は大きすぎます。こういう店には近づかないのが一番だと思います・・・。

スポンサーリンク